足寄中学校の林業体験実習

 先週の小学校に続き,足寄中学校の林業体験実習が10月10日に開催され,広葉樹林での森林散策とアカエゾマツ人工林で枝打ち作業を体験してもらいました.北海道演習林では継続的に森林・林業体験実習に協力をしてきました.今回の実習でも「小学生の時に課外授業で北海道演習林に来たことがある」とコメントをしてくれた生徒さんがいました.なんとも喜ばしいことでした.

実習前の挨拶
枝打ちの方法を説明します.
班ごとに分かれてボサボサのアカエゾマツ林で枝打ちします.
ノコギリで一本ずつ枝を切ります.

                           2019.10.16. Nakamura





足寄小学校の総合学習

  爽やかな秋晴れの10月1日に北海道演習林にて足寄小学校の総合学習が実施されました.この課外授業では身近な人工林に入り森林の環境や林業の仕事の一部を体験し、山や森林についての関心を深めてもらいました.今年は森の中の散策とカラマツ人工林で低木や雑草を除去する除伐を行いました.昨年と比べてカラマツがだいぶ大きくなってしまいましたが,足寄小学校の生徒さんも元気いっぱいで取り組んでくれました.


学習前の挨拶
職員から注意事項を聴きます.
職員や森林インストラクターの指導のもと,枝打ちにチャレンジ.

皆さん熱心に除伐と枝打ちに取り組んでくれました.
樹の周りがきれいに片付いていきます.
怪我無く無事に作業を終えることができました.

                             2019.10.16.   Nakamura

九州大学・研究・産学官連携推進部長ご一行来演


令和元年9月12日(木)~13日(金)に本学・研究・産学官連携推部長ご一行が北海道演習林視察のため来演されました。
                                   2019.9.13 Nobukuni


からまつ講義棟で概要説明

演習林視察①

演習林視察②

研究棟前で記念撮影

2019年度森林科学入門ー夏の北方林コース

9月2日から9月6日の日程で”森林科学入門ー夏の北方林コース”を実施しました.全学部の1,2年生が対象の実習で,農学部に限らず参加できます.今年度は15名が参加しました.
帯広に集合した学生は,十勝平野を観察しながら足寄町へ移動し,足寄町動物化石博物館を見学しました.
翌日は足寄町の端にある雌阿寒岳にて,亜寒帯針広混交林から標高とともに変化する植生を見学しました.晴天に恵まれ,途中のハイマツ帯からオンネトーを眺めることができました.また,山頂からもぐるっと良い景色を見ることができました.

3日目は演習林内で調査を行いました.
天然林と人工林で河川水の違いを比較したり,,,

調査区内の樹木を計測したり,,,
タワーから自然林保全区を見学したりしました.
   
4日目の班別調査では「ペレットストーブに向く木材」,「カラマツ造林地のネズミ被害」,「牧草地と人工林の水質の違い」と、各班で話し合って決めたテーマについて、自分たちで考えた調査を行いました.
木材を一部採取し、木材の密度などを調べました.
人工林を通る河川水を採取しました.
カラマツのサイズとネズミの被害部位を測定しました.
最終日にはそれぞれの班が調査結果を基にデータをまとめ,発表を行いました.限られた時間の中でしたが、自分たちの仮説と結果を検討し,考察までしっかりとまとめてありました.また,他の班の発表に対して質問をし,活発に議論をしていました.
皆様,お疲れ様でした!
2019.09.11 yamauchi

2019年度北方圏森林管理学




            




8月19日(月)~24日(土)の日程で北方圏森林管理学を実施しました。今年度は学生10名に参加いただきました。

初日は、カラマツ製材工場を見学しました。
2日目は、足寄町役場のペレット暖房施設の見学。
芽登にあるペレット工場の見学をしました。
 
その後、演習林内で樹木学実習。木の名前や葉っぱの特徴を覚えました。
事務所に帰って樹木テスト。
3日目は、広葉樹とカラマツ人工林の調査を行いました。
午後からは、足寄高校の進学志願者の生徒たちと意見交換をしました。



 
4日目は、自然林保全区の散策をしました。

午後からは、雌阿寒登山。残念ながら時間の都合で4合目までの登山となりました。






最終日は、阿寒湖畔エコミュージアムセンターの見学に行きました。

オンネトー周辺の森林を散策しました。 

事務所に帰って、森林調査のデータをもとに各班ごとに発表を行いました。


 今年度は天候が悪く、予定していた実習内容ができない日もありましたが、皆さん怪我無く無事終了することができました。
                                                                                                 2019.8.28 kaji

帯広畜産大学生命科学ユニット在来生研修

7月26日に帯広畜産大学生命科学ユニット在来生研修を行いました。
帯広畜産大学では森林について教育する機会がほとんど無いため、北海道演習林の見学が大学に入って初めて十勝の森林を学ぶ機会となる学生が多いようです。

当日は曇天でしたが、自然林散策、観測タワーやカラマツ人工林の見学をしていただきました。

ゲート前で概要説明



自然林散策



散策中でのキノコ撮影会



20林班の観測タワー



カラマツ人工林


2019/08/16 kabe

2019年度足寄町役場新採用職員研修

 7月10日に足寄町役場新採用職員9名の研修を行いました。
 弊学農学研究院と足寄町との連携協定に基づくもので、毎年開催されています。
 観測タワー、町水道の水源地がある上ワシップの小川、構内のあしょろ樹木園を見学していただきました。

20林班の観測タワー

シカの食害について.見学と解説

林内散策.その1

町水道の水源地

林内散策.その2

あしょろ樹木園の見学

2019/07/19 kabe

2019年度公開講座「とかち森の学校」

 先月の6月8日、ネイパル足寄との共同開催として公開講座「とかち森の学校」(対象者は小学生3年生~中学生)が行われました。
 曇り空の中、十勝管内から総勢26名が参加されました。

 演習林内では、水源地見学や遊歩道の散策、丸太切り体験などが行われ、参加者は森林ならではの活動を楽しみながら交流を深めていました。


水源地の見学

林内散策

3林班の滝


丸太切り体験


林内でスラックライン・ハンモック・ブランコ体験

2019/7/19 kabe